スポンサードリンク



「胡桃堂喫茶店」(国分寺)☆静かに本を読む、素敵な空間


Collage202018-12-082018_34_13.jpg

私は気に入りすぎると、ブログに書けなくなってしまう。
そのお店の魅力を伝える言葉が見つからず、何て書いて良いのか、
自分の文章力を恨みつつ、途方にくれることがある。

こちらのお店も、すごく気に入って、翌週も行ったのに、なかなか
アップできなかったお店の一つです。
2回分まとめてレビューします。

もともとは西国分寺のクルミドコーヒーに行ったことがきっかけ。
「クルミドコーヒー (KURUMED COFFEE) 」(西国分寺)☆食べログTop5000の朝から夜まで、大人から子供までのカフェ

姉妹店ということで、中央線の特快も止まるし、国分寺の方が行きやすい?
と時間があるときに気軽に尋ねてみました。
西国分寺のお店もなかなか良かったので、それなりのクオリティは
期待していましたが、国分寺の方が大人の空間、という感じ。
国分寺駅北口から、3分では着かないけど、5分あれば着くかな、という距離です。

1階にも席がありますが、2階へ。
途中、読みたい本があったら、物色しながら席に持っていくことも。
ゆっくり選びたいなら、とりあえず、荷物を置きに2階へ。

2階の店員さんに案内してもらい、窓際のテーブル席に座ります。
この後の待ち合わせまでちょっと時間があるので、1回目は中国茶二。
凍頂烏龍茶は差し湯ができるので、3杯くらいは楽しめます。
コーヒー飲みたいな、と思いつつ、我慢。

色々とやりたいことがあったのですが、机の上に置いてある本を
パラパラと見ていたら、はまってしまいました。
系列?の出版社から出ている、カフェのオーナーとバイトの女子高生の
たわいない日常生活が描かれる。

隣の人が頼んでいるのを見て、私も欲しくなったケーキをいただきつつ、
久々に読む小説に夢中になりました。
(最近、ビジネス書ばかりだったので。。。)

感受性の強い女子高生と、ただただマイペースだけど、彼女を見守る
マスターの大きな優しさに、ひたすら読み進めていました。
2冊組だったため、そこそこ時間があったにもかかわらず、読み終わらず。
翌週も伺いました。笑

今回はそこまでかからず、読み終えると思ったので、コーヒーを。
香りがよくて、丁寧に淹れたのだろうな、と美味しくいただきます。
美味しいコーヒーと読書、贅沢な組み合わせ。

前回は確か、限定のにんじんケーキ?
今回は胡桃のパウンドケーキをいただきました。
どちらも甘さ控えめで、コーヒーによく合う上品な味です。

小説も最後は涙してしまい、他のお客様もいる中、
鼻水も止まりませんでした笑

スマホで調べたいこととかもあったのですが、なんだか、
そんな気持ちにならない、とても居心地良い読書のためのカフェだな、と。

ちょっとお高いと思う方もいるかもしれませんが、皆さんの滞在時間を考えたら、
安いと思います。
そして、ご飯ものも気になっているので、今度はご飯どきに伺いたいです。
他の方も書いていましたが、私も西国分寺のお店より、こちらのお店の方が落ち着きます。

また、美味しいお茶と読書をしに、伺います。
ご馳走様でした。



関連ランキング:喫茶店 | 国分寺駅



胡桃堂喫茶店喫茶店 / 国分寺駅

夜総合点★★★☆☆ 3.6


posted by ちょちょ at | カフェ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

    スポンサードリンク


リンク集
3ヶ月集中!ゴルフスクール日記
本読む? -オススメ本の感想文
起業する? - 融資やフランチャイズ 中級テニススクール日記
レストラン・カフェ - どこ行く?おすすめは?
海外・国内旅行の食レポ・おすすめスポット
うち見る?−マンションとコンビニ−